フレッドは宝石にスポーティーなイメージもあたえました

宝飾品というと繊細なイメージの作品を思い浮かべることが多いのですが、フレッドの作品はヨットのケーブルをブレスレットにしたようなデザイに代表されるようにあっさりと現代的な大振りな作品が多くみられます。

フレッドはフレッドサミュエルという人が始めたブランドですが、最初に魅せられたのが、日本の養殖真珠だったということです。

フォース10といわれるケーブルをモチーフとしたデザインはこのフレッドのアイコン的な作品となっています。

宝石にスポーティーな要素を取り入れて成功しました。

又、リングのパンドゥスークルシリーズではシンプルなデザインでカラーストーンの美しさを際立たせ、インターチェンジブルという方法で中心のカラーストーンを変えることで、洋服のイメージや季節に合わせて指輪を変化させるというアイディアを盛り込んだ作品となっています。

たんにカジュアルなイメージの宝石を発表するだけではなく、モナコのグレース王妃に愛されたジュエラーでありネパールの王族に宝石のデザイン依頼を受けたように、スペシャルアイテムではパンドゥスークルの宝石に彩られた作品やローレナの美しいカラーストーン作品などジュエラーらしい作品も発表しています。

その為、買取専門店ではブルガリショパール同様に高値で売却することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です